物欲マシンのひとりごと。

「物欲マシンがやってきた!」というブログのサブです。ただのひとりごとです。でもこっちの方が更新多くなっちゃったりして、ね。

新しいレンズを買うと撮りたい意欲も高まるっていう話。

 

 

こんにちはー!

物欲マシンのリな (@rdily_07) です!

 

 

前回の記事でレンズを購入し… 描写が良いにも関わらず軽量ということもあって、めちゃくちゃ外にカメラも持ち出すことが増えました。

rii-092.hateblo.jp

 

 

家でもよく使っていて、うちのうさぎ「大福」の写真もよく撮ってます。

 

f:id:rii_092:20181215194756j:image
f:id:rii_092:20181215194753j:image

 

AFが早いので、本当にこのレンズを購入して良かったと思います。

 

 

最近、カメラ関連のものをちょいちょい増やしています。

レンズもそうだし、レタッチツールも増やしました。

 

 

 

VSCO filmの導入

 

実は、最近もうすぐ終了するという VSCO film を導入しました。

すると不思議なもので、あんなに億劫だったレタッチが楽しくて仕方なくなりましたwww

何よりあんなに「フジのクラシッククロームみたいな色にしたい!」と考えていたのに「これフィルムみたいな空気感ある色だな〜」とか考えるのが楽しくなるくらいはまっちゃいました。

 

 

 

写真の楽しみ方

 

写真には正解はないと思ってますからね。だから好きです。

自分が気に入った写真を自分の好きな色で楽しめたら、十分ですよね。

(その写真を気に入ってくれる人がいたら、もっと嬉しいね!ね!)

 

 

なんとなく好きな景色を、残したい。

それでいっかーって思ったら、撮るのが好きになったし、自分の写真を好きになりました。

 

f:id:rii_092:20181215194823j:image

 

 

これも新たなレンズを手に入れて、今までになかった画角で撮れるようになったかもしれません。

新たな編集ツールを手に入れて、自分の好きな写真にできるようになったかもしれない。

 

 

そう、わたしは今までの撮れる環境に飽きてただけだと思うのだ。

 

 

色も画角もズームできる便利なレンズも…

だから他のメーカーも気になったし、撮ることをあまり楽しいと思えなくなったと思うのだ。

 

 

だって、思い出したもの…

 

わたしは面倒くさがり屋だし、飽き性だ。

加えてせっかちだ。

 

できれば簡単に自分の好きな色を出したいし(プリセットのおかげで可能に)

今まで単焦点はオールドレンズのみだったので、AFが使えること、ピントがバシッと合うことに新鮮味を感じていると思うのだ。

 

 

なんならレタッチはPCではなく、最近はiPhoneだ。

撮ってすぐ編集したいし、友達には綺麗に編集した写真を渡したい。

簡単に、早く仕上げるのが最近のわたし流。

 

 

大雑把なので、細かいことは気にしない性格…

 

 

そんな自分に今の状況はなかなか合っているのかもしれない。

めちゃくちゃこだわるところもあるくせに、なぜ好きなはずの写真でこだわれないんだろう?と悩んだ時期もあった。

みんなはレタッチにとても悩んで作品として作り上げてるのも知ってる。

 

 

でも、好きなことにストレス感じるくらいなら、自己流で楽しめる方法で良いと思ったのです。

 

 

だから、カメラもレンズも買い続けよう

 

結果、買い続けるのです。きっと。

 

 

だって、飽き性だし、新しいもの好きだし。

カメラが好きだし。

 

 

またフジのカメラが欲しくなる時は絶対あります。

「あの色が欲しい、どうしても」というツイートが来年の1月頃には出ると思うのです。

わたしはそういう人間だもの。

 

 

OM-Dも大好きだもの。もう一度使いたい。

見た目も操作性もドストライク。

 

 

そして、相棒のSONY

やはりフルサイズというのは頼り甲斐がありますね。

 

 

このメーカーは嫌だ…っていうのがないんです。

本当にどのメーカーも大好きで、どのカメラも欲しいんです。

そう、カメラ全部欲しいんです。

 

 

前のわたしは「こんなに迷うならマウントが1つだったら良かったのに!」とか言ってました。

今は違います。

どのマウントもそれぞれの魅力があって選べない…だけど、それが良い。

本気でそう思います。

 

 

撮るのもカメラの性能を調べるのも大好き。

 

 

おっと、カメラへの愛を強く語ってしまいました。

新しいレンズを買ったことによって、カメラがさらに大好きになったというお話でした。